テツの小部屋

IMG_4389.jpg
 なんだかんだ言っても私のような仕事だと、冬は活動量が落ちます。それで飲む酒の量が変わる訳でもないので体は重たくなります。
昔はこんな事なかったのにーと言ってもしょうがないので、懸案だったカーポートの製作にとりかかりました。作業をするとすぐに体重が3キロくらい落ちます。カーハートの作業ズボン30インチをキープが目下の課題であります。

 野晒し駐車だったヴァナゴンを少しでも保護するための屋根を作っています。ヴァナゴンは北米を中心に中古市場が高騰しているから、という訳でもないのですが子供とキャンプに行ける間はなんとか維持したく思っています。正直、現在の国産には(輸入車も)こんな車を私は知らないので、しばらくは大事にしないと!ハイエースに乗ってたころ(3台乗りつぶしました)はこんな事考えもしませんでした。子供が離れて行ったらダッ〇のチャ〇ン〇ャー〇ル〇ャットに・・・。

 私のインチキ大工仕事史上最大の課題です。こういう木で何かを作る事は否応なしに自分と向き合わされます。自分のいい加減な性格がモロに結果に現れるのです。これまでの数々の失敗から、なんとなく手を抜きそうになったり、まあいいや、と作業を進めるとどういう結果になるのか少しは判るようになりました。キッチリとした墨付け、そのための鉛筆を面倒臭がらずに研ぎなおすかどうか、とかですね。「ああ、俺はこういう場面で手を抜こうとするんだな!」と日に何回も気付かされます。これは良い事です。

 とは言え、これだけ大きな構造体になると、ある程度の誤差を気にしていては先に進めないというのも発見でした。キッチリ押さえる処は押さえて、そうでないところはそれなりに流す。そして最終的にキッチリ収める事ができるのが本職なのでしょうね。 前にもこんな事書いた様な気がしますが、もともと垂直も水平もないところに、キッチリした直角のものを建造するというのは大変なことです。地面は凸凹、木材は反り繰り返り、曖昧な対象に数値を与えるというのは本当に頭を使います。

 それに比較すれば私のカヤック仕事のなんとざっくりとした事か!いやいやそこは気を遣うポイントが違うと言うことで・・・。


 

このページの先頭へ

月別アーカイブ

検索