テツの小部屋

IMG_3566.jpg
お休みを頂いて鹿児島の甑島を巡ってきました。鹿児島は記録的な豪雨、3つの台風が接近、この状態で南に向かうのはどうかとも思いましたが、期間を短縮し、北側の上甑島なら漕げるであろうと糸島を出ました。帰りの船、飛行機を考えて東京からのメンバーは残念ながら参加を見合わせましたが、鹿児島入りしていた西表の赤ちん、なにより数日前に甑入りしてすでに雨の中上甑一周しそうな伊豆の武田君を人道上見捨てる訳にも行かず、せめて組み立て時だけでも雨が止んでくれることを祈りつつ川内から高速船で渡りました。

博多を朝6時過ぎの新幹線に乗れば、川内発の高速船1便に乗ることが可能です。そうすると10時前には上甑里へ着きますから、組立て、買出しなどしてもお昼にはパドリング開始可能です。最近の私の旅では九州新幹線の恩恵を感じる事が多いです。

今回は天候を考え上甑島のみを巡りましたがそれでも充分満足な旅になりました。ワイルドな景観はシーカヤックのフィールドとしては国内最高ランクではないでしょうか。そして生命溢れる海。黒潮の分流がダイレクトに当たり、絶壁の続く海はパドラーにとっては手強い相手ですが、修練を積んでこういう海を旅する事がシーカヤッカーとしての大きな目的だと思います。

今回はガイドをするわけでもなく、気の置けない仲間との旅。しかもそいつらは百戦錬磨の手練れ達なので気楽なものでした。良く語られる事ですが、遊びを仕事にしてしまっている我々職業カヤッカー程、意外に遊んでいないものです。なので時には自分の旅が必要です。というより本来私はそれが目的でもあります。公園の貸しボート業との決定的な違いは進んで知らぬ海に出かける必要があり、自身もそれを望んでいる事だと思います。

仲間が魚をバンバン海から引っこ抜いてきてくれましたので持って行った食料はほとんど必要ありませんでした。アカハタ、イシダイ、スジアラの刺身、煮付け、清蒸、ごった煮のブイヤベース風、どれも美味かったなー。また今年中に行く事を決定して糸島へ戻りました。

とりあえず写真アップしますのでお時間ある方ご覧ください。
IMG_3524.jpg
IMG_3526.jpg
IMG_3534.jpg
IMG_3542.jpg
IMG_3545.jpg
IMG_3549.jpg
IMG_3578.jpg
IMG_3582.jpg
IMG_3587.jpg
IMG_3588.jpg
IMG_3593.jpg
IMG_3598.jpg
IMG_3602.jpg
IMG_3629.jpg
IMG_3633.jpg

このページの先頭へ

月別アーカイブ

検索