テツの小部屋

DSC_0151.JPG
3月は天候の急変も多く、パドリングには特に注意が必要な時期です。晴れた日は気温もかなり上がりますが、水温は一年のうちでもかなり低くその温度差がリスクになる事も多いです。ウェアリングは暑いくらいで正解です。
先週土曜日は唐津まで行く予定でしたが北東の風強く、風裏に場所を変更してツーリングしました。今や糸島名物となった牡蠣小屋を目指します。
DSC_0152 (1).JPG
この時期の牡蠣小屋はとても賑わっていました。福岡市内からも近くて、安い。まさに最近のレジャーニーズに合っているのでしょうね。
食べる時軍手を渡されますが(殻が熱いので)、軍手ほど牡蠣を食べるのに向いていない手袋はありません。あの熱々の汁が軍手についたらみんな狂ったように脱ぎ捨ててます。私は気合で素手でいきますが、写真はゴム手袋にマイ牡蠣開け持参の準備の良い方。確か北海道の新谷さんも書いていました「(焚き火のとき)ゴム手袋は溶けるまで熱くない」・・・深いです。何が。
DSC_0154.JPG
牡蠣のみ食べまくってお腹いっぱいになった帰りは追い風でラクラクでした。私はユーザーさんから「試してみて」と渡された簡易セイルを最近愛用しています。セイルを上げたままパドリングできるし、上げ下ろしも一瞬で愉しい遊び道具です。



DSC_0161.JPG
翌日は唐津を目指して糸島の深江海岸から出発。この日はカフナばかり4艇でした。ここは風裏ですが沖はそこそこ吹いてそうです。見送りにきた子供に「一緒に行く?」と聞くも答えは「ヨカ(結構です)」。
DSC_0173.JPG
結局時間とともに風も強くなり、途中の駅がある海岸で撤収しました。言うまでもないのですが車を気にせず、どこでも終了できるのがフォールディングカヤックの魅力です。田園の中を走る列車からは菜の花がとても綺麗でした。桜までもうすぐ。皆さん漕ぎましょう。

このページの先頭へ

月別アーカイブ

検索