テツの小部屋

IMG_0362.jpg
 ドイツの老舗ORTLIEB(オルトリーブ)社製のバイクパッキング用のパックが入荷しました。防水バッグ、特にバイク用パックで定評のある同社だけに、「なんでこの手のパックを出さないのかな」と思っていた方も多いかと思います。開発に時間をかけただけあってさすがのクオリティです。生地、溶着、縫製のクオリティだけではなく、ストラップの取り回しやバックルの位置や使い方、隙がありません。
 人気の商品のようですので、お早めに!私も早速確保しました。
     
IMG_0363.jpg
<写真上>ハンドルバーバッグ(本体¥16,500)にアクセサリーパック(¥9,000)を装着したもの(写真のバイクは価格に含まれません)。ハンドルバーバッグは極力ケーブル類に干渉しないようになっています。アクセサリーパックは頻繁に出し入れするものをいれたり、取り外して付属のストラップを装着してポーチとしても使用できます。このあたりもさすがです。

IMG_0364.jpg
<写真>シートパック(本体¥21,500)。写真のバイクは価格に・・・ってもういい。

 
 「バイクパッキング」は従来のキャリア等と使用せず、軽量コンパクトなビバークスタイルでのツーリングです。その機動性の高さから、
これまで困難だったオフロードでのオーバーナイトツーリングが可能になりました。軽量コンパクトになったキャンプ道具の進化の賜物とも言えます。ライト&ファストな装備にすることが、ライディングのパフォーマンスを向上させます。
 「北米では人気だけど、日本ではね~」という向きもあるかもしれません。確かに、コロラドやユタのダイナミックなシチュエーションの中のツーリングにはいかにもピッタリです。ただ、日本でも活かせるスタイルだと私は思います。アグレッシブなトレイルやMTB用に整地されたトラックだけがMTBのフィールドではなく、その人のイマジネーション次第でフィールドは広がります。トレイルからトレイルを時間をかけて繋いだり、日頃ワンデイで楽しんでいるトレイルでビバークしてみたり、とにかくロングなツアーにして各地の美味しいものを楽しんだり。
 キャリアがないことで鉄道を利用した輪行も容易になり、ワンウェイのさらに自由な旅も可能になります。

 サザンワークスでも2003年頃から荷物を削減しまくって背負い、MTBで泊まりながらの旅をやっていましたが、そんな事にきっちり名前をつけていろんな便利なものを作り出す北米人はやはり凄いなと思います。

 こんなバッグだけでなんだかワクワクして、なんだかいてもたってもいられなく感覚は、初めてFeathercraftを手に入れた時を思い出します。

 言うなればフォールディングカヤックの旅の山版です。サザンワークスでは今後、バイクパッキングの旅のご提案、用品販売にも力を入れていきますので宜しくお願い致します。

このページの先頭へ

月別アーカイブ

検索