MTB

IMG_1985.jpg

 使ってみたかったバッグのサンプルが届きました。ご覧の通りバイクのサドルバッグですが、Feathercraft製です。
「CycoPod」(サイコポッド、いつもながらフェザークラフトのネーミングは素晴らしいです)というこのバッグは大きさが2種類あり、
これはスモールサイズです。シートポストの長さがあまりとれないバイクや、このようなフルサスペンションバイクはこちらが良いようです。

数年前オーナーのダグから「こんなの作ってるのだ」と写真を見せてもらいました。ダグはこのバッグを使用してカナダ横断の旅をしていました。サイコポッドLサイズをロードバイク(やはりRocky mountain)にセットして確か2週間くらいの旅だったそうです。
「No Camping,Only Light Weight Gear,No Racks,No Packs」がその旅のルールだったとフェザーのWebにもありますが、
IMG_1986.jpg
私の場合は山がテーマ?ですのでこれを使って久しぶりに山泊オフロードキャンプツーリングしようかと考えています。さずがにこれだけでは無理ですが20~30リットルくらいのバックパックがあれば十分すぎる荷物を運ぶことができそうです。ちなみにサイコポッドの中には小型タープとビビーサック、レインウェアが余裕で収納できました。バイクを担ぐ可能性も考えると、このバッグに入れるのはなるだけ嵩があって軽量なものが良いでしょう。
こういう遊びはやはりアメリカ人はすでにいろいろやっていて、「Bike Packing」と言うようです。フレーム三角につけるバッグやハンドルバーバッグなども多数製品化されています。それらと比較してもさすがFeathercraft、このシンプルなデザインは素晴らしい。取り付けもシンプルです。バッグ上部には小型の防水がストラップにベルクロで取り付けてあります。このモノ作りにはFeathercraftカヤックに通じるダグのクレバーさを感じます。

こういう高性能なバッグや、最近のキャンプギアの軽量コンパクトさは、私を山に誘ってきます。これまではキャリアに荷物をくくりつけての旅は面倒そうで(学生の頃はやってましたが)、なにより私が走りたいのはトレイルを含めたオフロードなのですから!
サイコポッド、ご興味の方はご連絡下さい。

このページの先頭へ

検索