トップ » テツの小部屋 » フェザークラフト

フェザークラフト

IMG_2742.jpg

「ENGINE」という車の雑誌で当店とFeathercraftエアロナットをご紹介いただきました。フェザー仲間でもあるヤマダマコトがカメラマンです。九州西海岸をダイハツのNEWコペンでキャンプツーリングするはずだったそうですがあいにくの台風で大変でしたね。
IMG_2741.jpg
「フェザーは旅するのに必ずしも車は要らないんですよ!」と言いながら車好きな私ですが、このENGINEはたまに拝見しておりました。
車そのものでなく、ファッション、音楽、本などトータルでの趣味を提案している雑誌です。趣味車の世界の余裕を感じます。そのあたり、カヤック、アウトドア界に欠けている点の一つだな~と思う今日この頃。
NEWコペン、素晴らしかったです。日本のメーカーもやる時はやるのです。

IMG_2670.jpg

お盆明けの週末は長崎の崎戸へ伊勢海老を目的に漕いできました。崎戸は旧炭鉱の島です。少し前までは廃墟となった炭鉱住宅などが残っていましたが、もうその面影も無くなりました。
IMG_2667.jpg
この8月は梅雨がそのまま続いたようなへんな気候でしたが、この日はなんとか晴れ。
IMG_2677.jpg
休憩で寄った浜では岩の間から真水が噴出していました。ビールも冷やせますね。
IMG_2681.jpg
宿のある漁港へ入港。ここの宿には私が小学生くらいのころ家族旅行で何度か来たことがあります。まさかカヤックで海から再訪することになるとは思いませんでした。当時はもっと漁船がたくさんあったような記憶があります。
IMG_2684.jpg
スロープもありましたが宿から遠かったので堤防の階段から強引に上陸。これも経験です。
IMG_2686.jpg
そして痛風の宴。サザンワークスでは珍しく宿を目的地にした旅でしたがなかなか楽しかったです。
崎戸でのお泊りは「椿の宿」へ。HPhttp://www.tubakinoyado.com/ 

IMG_2658.jpg

梅雨並みに雨ばかりの九州ですが皆様如何お過ごしでしょうか。この日は某雑誌の撮影だったのですが海に出たら陽が差してきてラッキーでした。糸島でもSUP良く見るようになりました。この日は帰って即座にプールを出して子供たちと日差しを楽しみました。夜の花火大会も無事開催で良かった良かった。
IMG_2659.jpg
ウィスパーのプラスティックスターンプレートの曲がり修正。ここがおそらく収納時に何らかの重みで微妙に変形する場合があります。そのままだとどちらかへ曲がってしまうカヤックになりますが、軽く熱を与えて比較的簡単に修正可能です。

■今月のツアー■

・8月23~24日(土日) 長崎・崎戸大島民宿ツアー 
・8月29~31日(金~日) オレンジ鉄道で行く不知火海ツアー

どちらもあと若干名様募集中です。詳しくはお尋ね下さい。

IMG_2631.jpg

日曜日はレスキューの講習をしてました。自立したシーカヤッカーを目指す皆さんからは要望の多い講習の一つです。グループレスキュー、セルフレスキューともに特訓ですが、体力をかなり消耗するのでそんなには時間をかけられません。身体の使い方はもちろんですが、ちょっとしたコツ(艤装のポイント、効果的な水抜き、スプレースカート、シーソックの裁き方など)で一気に成功率が高まります。
IMG_2632.jpg
これはTXレスキュー中の二重遭難?練習では笑っていられますが本番でこうならないように日ごろの鍛錬が必要ですね・・・。

IMG_2621.jpg


IMG_2618.jpg
いつもの島まで行きたかったのですが、意外にも強い西風とうねりの影響で風裏のみで遊んできました。
この季節、気温の上昇とともに午後からの西風の強さには注意が必要です。しかし最近は海で遊ぶ人少ないのでしょうか。どこに行ってもそんな印象です。
ここらへんの海の綺麗さは例年通り。海に出てしまえばさほど暑くはないのです。皆さん漕ぎましょう~。

IMG_2601.jpg

フェザークラフトのクラシックボート、FRTのレストアです。「FRT」とはFor River Touringの頭文字です。キールの尖りは最低限にされ、回転性の高いカヤックですが、これはラダー付で海や川の長距離でもいけるエリートモデルです。フレームはしっかりしているのでスキンを洗浄してすべての縫い目をシールしました。コーデュラデッキには防水剤(撥水ではなく)を塗布。
上の写真はこれから古くて劣化したエアースポンソンを引き抜くところです。細引きを末端につけてから抜き出します。勿論新しいスポンソンを挿入するためです。古いのを取り出して、船体に残った細引きに新しいスポンソンを結び、細引きを引いて挿入します。スポンソンの修理は(交換はなくとも)、ツーリングの途中でもありえる事です。つまり、少なくともカヤックの長さ以上の細引きを、リペアキットとともに常に携行しておくべきです。
IMG_2602.jpg
上の半透明なのが古いタイプで下が現行のものです。バルブも含めかなり良い素材に進化しました。今回は古いモデルなので(スポンソンはモデルによって形が違います)Feathecraft社にも在庫がなく、このFRTから外した古いものをFeathercraft社に送って正確に同じ形のものを最新素材で製作してもらいました。
IMG_2605.jpg
調整のしにくかったラダーペダルのアジャスターを現行品に。
IMG_2606.jpg
艤装のDリングがついていなかったのでこれも現行品を。
IMG_2609.jpg
 これもこの時代には付いてなかったバンジーコードを追加。小さな点ですが使い勝手も向上します。
これにダブルコーテッドナイロンのシーソックを装着すれば完璧です。

 前にも書きましたが、このFRTというカヤックは私がはじめて経験しフェザークラフトカヤックです。K2のスクエアパイプを使用した強いフォールディングカヤックです。当時は組み立てに四苦八苦した覚えがありますが、今やってみるととてもシンプルで簡単です。当時は誰も指南してくれる人もお店もなかったからなあ。そんな方、多いのではないでしょうか。自分でいうのもナンですが、このFRTのように然るべき専門店できちんと手を入れれば、息を吹き返すカヤックもあるでしょう。
 こんなモデル、今あっても良いような。カレント2.0が近いでしょうか。とにかく選択肢の無かった当時はこのFRTやKライトが海でも川でも大活躍でした。

IMG_2563.jpg

日曜日はエアロナットの試乗と納品でした。レッドとブルー、どちらがお好みですか?
最初はインフレータブル故の座面の高さに戸惑いがちですが、5分で慣れます。フォルムがカヤックなので、ついついカヤックでの感覚で乗ってしまいますが、これはエアロナットという別ジャンルの乗り物として捉えた方が良いようです。
しかしながら速度や横風に対しての能力はカヤックにまったく引けをとりません。すでにカヤックをお持ちの方のチョイ乗り用としては
もちろん、何か新しい発想での使い方が湧き上がる乗り物です。セッティング5分、撤収3分は大げさではありません。従来のフォールディングカヤックは言うまでもなく、リジットカヤックを車から降ろして浜に運ぶのと、どちらが早いか。そして身軽なことでのデメリットはありません。

IMG_2561.jpg
当店お勧めSealsのネオプレーンデッキスプレースカートも問題なく装着できます。

hkHFUJZrXedIA9j1403162580_1403162747.jpg
突然のお知らせで恐縮です。明日29日ですが、天気が良さそうなので、Feathercraftのニューモデル・エアロナットの試乗会を行う事にしました。
お時間合う方は是非お越し下さい。

集合:当店 10:00
場所:糸島(風向きで決めます)
参加費:¥2000(一般)・無料(当店にてカヤックお買い上げの方)

ご参加の方はご連絡下さいませ。


















++

IMG_2521.jpg

巨済島最南部の潮流地帯。五島のよう。

IMG_2532.jpg
宿の前にカヤックで直接アクセス。10人以上泊まれそうな部屋はオンドル。ここは観光地ですが人数に関わらず10万ウォン(約¥10000弱)くらいから。

IMG_2536.jpg
カヤック抱えての移動が長いこの旅では当店オリジナルHDカートが活躍。嵩張るハンドル部分はコーミングにちょうど収納できます。

IMG_2515.jpg
花崗岩と松の美しい断崖が続きます。

IMG_2488.jpg
巨済島南部から渡ったチュボン島。快適なジャリ浜。秀吉の朝鮮出兵で日本が大敗したハンサン島海戦で有名な島だそうです。先月は名護屋城跡の近く(佐賀県呼子)を漕いだばかり。北部九州からこの韓国エリアの海岸では常に秀吉の名前が出てきます。それとチンギスハーン。

IMG_2550.jpg
IMG_2549.jpg
釜山の市場。とにかく海産物、肉、野菜豊かです。経済的には詳しく知りませんが、食に関しては韓国の方が「豊か」な印象を持ちます。こんな規模の市場、もう日本にはないですよね。アジア全般に言えることかもしれません。

IMG_2551.jpg
豚足?スネ?の冷菜「チョッパル」久しぶりに食べることができました。大好きな韓国料理の一つです。日本にもあるのかな。

IMG_2547.jpg
港々で見た話題のおっさん。懸賞金1億ウォンらしいですよ。

IMG_2523.jpg

韓国の海を旅してきました。ユーザーさん達とお世話になる「シーカヤック長崎」の岩永さんと博多で合流して、高速船で出国、のはずが私のパスポート期限切れ。古いのを持ってきてしまいました。しょうがないので皆さんは先にいてもらい、私は糸島まで取りに帰って次の便で。いやはやご迷惑をお掛けしました。釜山からスタート地点の宿がある「ヘギョ」までタクシーに乗りましたが、運転手がまったく地理感がなく、道を尋ねた人がナビに入力してくれてもそれをまったく無視。お互いイライラして言葉は通じずともケンカはできるのだなあと思いつつやっと皆さんと合流。翌日から雨も上がり快適なパドリングができました。この巨済島南部はリアスの海岸線と多くの島があり、ほぼ自然の海岸を楽しむことができます。ワイルドな岩と松の海岸線です。そして観光地でもあるので宿に困りません。今回はキャンプなしですが、その方がせっかく外国に来ているのですから異国の情緒をより感じる事ができます。でもやっぱりキャンプもしてみたいな。
博多から高速船で3時間ですが、やはり外国。でも海はやはり繋がっていることを実感できます。日本からカヤックをコロコロして海外をパドリングできるのはこのツアーだけ!以下写真です。お時間ある方ご覧ください。
IMG_2481.jpg
IMG_2490.jpg
IMG_2495.jpg
IMG_2496.jpg
IMG_2512.jpg
IMG_2518.jpg
IMG_2529.jpg
IMG_2532.jpg
IMG_2535.jpg
IMG_2538.jpg

<<前のページ 23456789101112

このページの先頭へ

検索