トップ » テツの小部屋 » フェザークラフト

フェザークラフト

IMG_4770.jpg
Wisperあるあるですがバウプレートトップのネジ穴のひび割れ(上写真は完全に分離してます。ひびだけの場合も多数)。これはデッキバーの取り付け角度とバウプレートの細さという構造・デザイン的理由と、フォールディングしてバッグで運搬するときに圧力がかかって起こると思われます。フェザークラフト社によると「このトラブルは日本特有」との事らしいのでおそらく運送会社などの配送中に起こりやすいのではないでしょうか。これだけパッキングしたカヤックを送りまくって遊んでいる(遊べる)のは日本だけでしょうからそれも納得です。
現行モデルではバウデッキバーは分割式になり、ボルト穴にもアルミの補強スリーブが挿入されもうほとんどこのトラブルは起こらないと思いますが、それ以前のモデルをお持ちの多くの方は配送時には注意が必要です。私の初回ロット版のウィスパーはいままで大丈夫ですが、おそらく6枚リブになってデッキバーも太くなった時代からこのトラブルは多くなってきたようです。
 
そこで持ち込まれた(上記のもの)非分割式デッキバーのウィスパーXPを現行と同じようにモディファイします。
下写真はバウプレートのみを交換した状態。
IMG_4771.jpg
上写真Bの文字の上が支点になって圧力がかかるので、
IMG_4773.jpg
デッキバーを切断してスリーブ&ボタンを挿入。さらに
IMG_4775.jpg
ボルト穴にもアルミスリーブを挿入して補強します。これで現行モデルと同じです。
IMG_4778.jpg
おそらくパッキングサイズもデッキバーの飛び出しがない分、コンパクトになりました。

同じタイプのウィスパーに対策をお考えの方には施工可能です。デッキバーのみであればその部分のみ送付頂ければ施工します。
ボルト穴の補強も必要な方はバウプレートを含んだ部分もしくはバウフレームユニット全体を送付頂くことになります。

IMG_3603.jpg
Feathercraft社が生産を再開するとの連絡が入りました。

以下が現在判明している詳細です。
-------------------------------------------------------------------

【生地について】
新しくUSメイドの生地を仕入れることが可能となり、
一部モデルを除いて生産を開始することが決定致しました。

デッキファブリック
でと同じく高い張りのあるナイロン製の生地に
エンボスコーティングが施されています。USメイドで、今までとは若干見た目が異なります。

ハルファブリック
USメイドで、以前のサプライヤーと同じ品質を保っています。
外見は同じですが、内側は光沢があり、外側のコーティングを少し厚めに塗ることで、
尖っているものの摩擦に耐えられるようになっているとのことです
ダグ自身はすごく気に入っています。


【モデルについて】
一部廃番がございます。

廃盤モデル
K2
Klondike
Java
Gemini

受注可能モデル

K1

Heron

Kahuna

Big Kahuna

Wisper

Wisper XP

Khatsalano 

Aironaut / Airo-Double-Naut  (本年冬から受注開始の予定)

受注可能デッキカラー
BLUE
GREEN
RED ※現在オーダー中なので7月下旬から受注開始の見込み。
BLACK

-----------------------------------------------------------------------------
新しい生地に関しては間もなくデモ艇が国内に届くので、現物を
ご確認頂ける機会もあるかと思います。
価格に関してはこれから決定致します。
現在受注不能で、今後生産可能なアクセサリー類に関しても追ってお知らせ致します。

昨年から皆さまにはご心配をお掛けしております。
Feathercraft社がより良いクオリティーの製品がリリースできるよう、当店も努力して参りますので
今後のご愛顧を宜しくお願い致します。

現在当店在庫の旧スタンダードスキンモデルは以下です。
・Kahuna EXP (前後ハッチ・ラダー・ダブルコーテッドナイロン仕様)レッド×1
・Wisper XPL グリーン ×1

*上写真 昨年の上甑島 今年は7月16~18日でツアー予定です。


IMG_4689.jpg
今年のGWは全国的に天候に恵まれませんでしたが、皆さま如何お過ごしだったでしょうか。我々も天候には翻弄されましたが、これこそがシーカヤックですね。自然に立ち向かうことは不可能なので、状況に適した判断を下し自然の動きにあわせてこちらもしなやかに動き、どんな状況でも楽しく安全に遊べるかが重要です。まさにそんな事を再確認した旅でした。糸島出発佐世保までの予定を呼子出発に変更し、現地でさらに逆コースの佐世保発に変更。猛烈な低気圧が接近するのは判っているのでその時までに快適な停滞場所にたどり着くのが優先事項になりました。
佐世保の南九十九島から北九十九島の鹿町まで漕いでそこで2日間の停滞。その後平戸を越えて松浦までなんとかたどり着き旅を終えました。予定の半分くらいしか漕げませんでしたが、優れたメンバーの皆さまのお陰で楽しく、充実感のある旅になりました。
IMG_4685.jpg
呼子・波戸岬でパッキングまで済ませたあとにスタート地の変更を決断、再び車載して凹むテツ松本を多分娘が撮影。
IMG_4692.jpg
IMG_4690.jpgIMG_4710.jpg

激風でポールも折れる。ここで2日間の停滞。こういう時は健全な精神を保つ強さが必要。。。
IMG_4706.jpg
IMG_4716.jpg
IMG_4700.jpg
鹿町のマキさんちにお世話になって畑で豆を頂いたり、ジーマミ豆腐を作ったり。
IMG_4723.jpg
IMG_4732.jpg
エアロナットは装備満載でも喫水はそれほど変わらず。これくらいの旅には使い手次第で充分対応します。
IMG_4738.jpgIMG_4739.jpg
若干流れる平戸瀬戸。
IMG_4747.jpg
IMG_4749.jpg
IMG_4760.jpgみなさん楽しい旅をありがとうございました。次はどこを漕ぎましょうか?

IMG_4568.jpg

カヤック旅入門ツーリングにて佐世保へ行ってきました。

IMG_4579.jpg
IMG_4573.jpg
IMG_4583.jpg
IMG_4585.jpg

IMG_2283.jpg

糸島の桜もぼちぼち開いてきました。来週は見ごろでしょうね。
風もこれまでの北より一辺倒からときおり南からの日も出てきました。
先日は多くのユーザーさんと博多・中洲をパドリングしてきました。
初めての試みでしたが楽しかったです。また次回企画しますので是非。
4月第一週は佐世保でキャンプツアーです。その他の企画もたくさんありますので
是非ご一緒しましょう。


■以下4月~6月初旬で決定分の予定です。

・4月2~3日 旅カヤック入門ツーリング 佐世保(今回は食事はこちらで準備するスタイルです)
・4月16~17日 宮崎 清流キャンプツーリング 九州一の清流をツーリングします。
・4月23~24日 アウトドアデイジャパン福岡 http://outdoorday.jp/fukuoka/outline.html 出展 フェザークラフトの試乗も可能です。
・4月30~5月6日 南薩摩スーパーロングツアー (定員となりました)
・5月14日 15日 お好みのツアー、講習のリクエスト受付中
・5月21~22日 山口 錦川キャンプツーリング
・5月28~29日 お好みのツアー、講習のリクエスト受付中
・6月10~11日(金土) 2DAYキャンプツアー 募集中

■Feathercraftスタンダードスキン在庫艇
スタンダードスキンバージョンの在庫艇は以下です。
・WisperXPL グリーン ×1
・KahunaXP レッド ×1

■中古艇情報
・Double naut ブルー 当店デモ艇 プールにて一回使用の美艇です。詳細はお問合せ下さい。

IMG_4490.jpg

激寒い週末、小雨の降るなかWisperにご試乗頂きました。この時期は毎年の事ですが寒暖の差が激しく注意が必要です。
スタンダードスキンのモデル、販売可能なものいくつかありますのでご興味の方はお問合せ下さい。

IMG_4499.jpg
そして夜は中洲へ繰り出しました。カヤックで!ケンジーズドーナツさんのご協力で中洲の「博多川」から出艇。那珂川が中洲で二手に分かれ、本流から分岐したのがこの博多川です。激干潮からの出艇でしたがみるみるうちに満ちてきました。
DSC_0913.JPG
川に面した飲み屋のお客さんが手を振ってくれてました。
夜の歓楽街を水面からみるのはちょっとした優越感と言いますか・・・。博多川は水質もびっくりするくらい綺麗です。そしてこのゲリラ感がなんとも快感です。
パドリング後はもちろん飲みに行きました!楽しかったですねー。次回は途中見つけた川沿いの良さげな屋台を目指します。でもパドリング中に調子こいて飲みすぎないようにしないといけませんね。

IMG_2396.jpg

北部九州も先日の大寒波を過ぎて、温かい日々が続いています。また少し寒くはなりそうですが・・・。
ここ最近は店の横にヴァナゴンを保護するための屋根を作っています。

先日お知らせした予定から少々の変更と追加のお知らせです。

3月と4月にも「カヤック旅入門ツーリング」を追加しました。
基本的にカヤックをお持ちになっている方で、キャンプツーリングをこれから志す方向けのツーリングです。
Feathercraftというフォールディングスキンカヤックのポテンシャルを実感して頂きたく企画しております。
いろいろありますが、やはりシーカヤック、特にFeathercraftというのりものは、荷物を積んで旅してはじめてその真価を
発揮します。そうでなければ高価過ぎる乗り物です。使い倒せば、これほど対価に見合う、またはそれ以上の喜びをもたらして
くれる乗り物は他に無いと実感します。
以下ご確認下さいませ。ご不明の点はお気軽にご連絡下さい。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

1月30~31日 カヤック旅入門ツーリング
昨年は多くのFeathercraft乗りの方が誕生しました。キャンプツーリング未経験の方には一気にステップアップできる
チャンスです。とにかく荷物を積んで海に出ましょう。もちろん経験者の方にも。

3月19~21日 不知火海放浪
→諸事情により延期します。

3月19日・21日 糸島 ワンデイツーリング

3月26~27日 カヤック旅入門ツーリング

4月2~3日  カヤック旅入門ツーリング

4月16~17 宮崎 清流ツーリング
カヤックで下れる川としてはおそらく日本最高峰の清流ではないでしょうか。うまい食べ物もいろいろです。

4月30~5月5(か6)日 鹿児島 スーパーロング
GW名物となりつつあるロングツアーです。今年は野間岬から指宿あたりを放浪します。

5月21~22日 錦川ツーリング
中国地方の銘川です。交通の便もよくまさにフォールディングカヤックらしい川旅ができます。

7月16~18日 甑島ツーリング
私の知る限り国内最高のフィールドです。

somonada.jpg

明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。
事情により年賀状は失礼させて頂きました。ご挨拶頂いた方ありがとうございました。

なんだか寒くなりきれない日々が続いておりますが皆さま如何お過ごしでしょうか。
私は年末から年始はアドベンチャーレーサーの田中陽希君のサポート、山(登山&MTB)、初漕ぎ中洲など
楽しく過ごしていました。
昨年はフェザークラフト社の事でご心配をおかけしてしまいましたが、
変わらず漕ぎつづけることが私の使命だと実感しました。
素晴らしい海と文化を、伝統的な乗り物に乗って体感できる旅は、他にそうありません。
私も今年は新しいことのいくつかに挑戦するつもりですが、基本はブレずに爆走(漕?)するつもりです。
今年も皆さまとご一緒できるのが楽しみです。


という訳で以下、現在決定のツアーです。

1月30~31日 カヤック旅入門ツーリング
昨年は多くのFeathercraft乗りの方が誕生しました。キャンプツーリング未経験の方には一気にステップアップできる
チャンスです。とにかく荷物を積んで海に出ましょう。もちろん経験者の方にも。

3月19~21日 不知火海放浪
あまり漕ぐ人もいない?エリアかもしれませんが、変化に富んだすばらしいエリアです。

4月16~17 宮崎 清流ツーリング
カヤックで下れる川としてはおそらく日本最高峰の清流ではないでしょうか。うまい食べ物もいろいろです。

4月30~5月5(か6)日 鹿児島 スーパーロング
GW名物となりつつあるロングツアーです。今年は野間岬から指宿あたりを放浪します。

5月21~22日 錦川ツーリング
中国地方の銘川です。交通の便もよくまさにフォールディングカヤックらしい川旅ができます。

7月16~18日 甑島ツーリング
私の知る限り国内最高のフィールドです。

IMG_1836.JPG

以上がとりあえず決定しているスケジュールです。
リクエスト、講習、トレーニングなどのご希望にも合わせて開催します。

では宜しくお願い致します。

フェザークラフトオーナーであり、フェザークラフト関連の写真を撮ってくれているカメラマンのヤマダマコトが、同社を応援するためのWEBサイトを作ってくれました。日本のフェザー乗りの思いをバンクーバーまで届けましょう!どれだけ短い旅でも良いです。是非ご参加下さい。


「Our FEATHER trip to Vancouver」

IMG_4171.jpg
フェザークラフト社は現在、旧工場での作業を終え、別の場所から発送業務等を行っています。もう少し立てばまた状況お知らせできると思います。

Feathercraft社のバッグ関連商品のご紹介です。


■Doug 4ways bag
 
 ダグラス・シンプソンが自分の旅用に使っていたドライバッグを商品化したものです。通常のカヤックへの搭載はもちろん、カヤックから離れて買い出しに出たり、街をぶらつく時に重宝します。いわゆる「たすき掛け」のストラップとポーチが付属しますので、バイクでの使用もずれなくて快適です。サイドにDリングが付いているので、カヤックのデッキに固定したり、私はMTBのハンドルバーバッグとしても使用しています。もちろん完全防水、電磁溶着にて製作されています。本国のライナップにはないので「日本別注」ということになるのでしょうか。隠れた名品であります。容量約20L。

s-IMG_4116.jpgDoug 4ways Bag  ¥14,000+消費税




■Cycopod Bike Bag 

 素晴らしいネーミングのこのバッグは自転車のシートレールにアルミのステーを固定して使用します。
カヤックのボトム生地を使用したタフなバッグです。北米を中心に広がりを見せる「バイクパッキング」の流れに先んじてダグがこれまた自分の為に作った商品です。ご存じの通りスタンダードスキンの供給が今後未定なので、今後の生産も未定で取りあえずは当店在庫のみ
となります。これほど洗練されたシートバッグを私は他に知りません。このモデルは在庫限りですが、ダグは今後ともバイクバッグの開発に取り組んでくれるそうなので期待大です。取りあえずサイコポッドのご購入はお早目に。


IMG_4117.JPGs-IMG_4119.jpg
Cycopod Bike Bag S ¥20,000+消費税



■Double coated Tapered End Bag

 その名の通りシーソックなどに使用されるダブルコーテッドナイロン生地のドライバッグです。カヤックのバウやスターンにぴったりフィットするようにテーパーをつけたデザインなので、カーゴスペースを有効に使用できます。これまた隠れた名品です。
容量はNAですが全長約70㎝、20リットルくらいでしょうか。写真下部のカタログはA4サイズくらいです。
s-IMG_4120.jpg
Double coated Tapered End Bag ¥7600+消費税


お問合せ、ご注文はメールフォーム、お電話にて。

<<前のページ 1234567891011

このページの先頭へ

検索