トップ » テツの小部屋 » フェザークラフト

フェザークラフト

 すっかりHPの更新が滞り、皆さまからはご心配やバックレ説までいただいているとかいないとかのテツ松本と玄海灘男ですが、核戦争後のゴキブリの如くしつこく生存しています。皆様如何お過ごしでしょうか。

 九州も11月半ば、少々肌寒い日も出てくるようになりました。糸島あたりはこれから紅葉で、牡蠣小屋も賑わいはじめてます。ここ最近はFetahercraftの一件で皆様にはご迷惑をおかけしておりますが、弊店は元気にあちらこちらの海に出かけております。ここひと月くらいの写真です。皆様も是非こぎ続けて下さい。

  七ツ釜(佐賀)
DSC_1409.JPG

   鷹島(長崎)
DSC_1422.JPG
    糸島

DSC_1441.JPG
  クソ思いシットオントップをダゴ積み(博多弁で「たくさん積載」の意)して琵琶湖へ。軽油ながら驚異的な燃費の悪さでした。

DSC_1402.JPG   糸島の牡蠣を九重で焼く。
DSC_1445.JPG雨の合間の九十九島(長崎)
DSC_1438.JPG
糸島。寒くなってきたけど元気に漕ぐ女子。
DSC_1448.JPG







Feathercraft社より通達があり、同社は今年末をもってカヤックの製造を終了することになりました。

伝統的な乗り物であるカヤックを最新の素材と技術でより性能を高めた創業者ダグラスシンプソンのやってきたことの大きさを今更ながら実感しています。私もFeathercraftに出会わなければ今頃なにしていたか。それくらい影響力の大きな人とモノでした。
今後、新しいFeathercraftが水に浮かばないのは正直寂しいですが、まずはこれまでこのフネのオーナーになられた皆様の旅の世界を
とどまる事なくお手伝いさせて戴きます。自分のカヤックでとことん自由な、自立した旅をする、それは一つの文化と言えると思います。サザンワークスとして出来る、あらゆる方法を駆使してその文化を継続させます。
Feathercraftのリペア用品、修理などアフターに関しましては、ダグラスシンプソン、輸入元エイアンドエフ、各国内ディーラーなどと協力して万全な体制を作って行きたく考えております。

最終オーダーは11月6日までとさせていただきます。カヤックの生産数には限度があるようですので、ご希望に添えない場合もあることをご了承下さいませ。
 
今後ともFeathercraftとサザンワークスを宜しくお願い致します。

2016−7−13−2-e1468386309868.jpg
今週末は24~25日に海の中道で開催される「アウトドアパークinウミナカ」内でカヤックの体験試乗を行っております。
ファミリー向けのイベントなのでシットオンを中心に持って行きますが、Feathercraftの主要モデルも持って行きますので、ご興味ある方は是非遊びに来てください。
カヤックのほかも様々な遊びが準備されいます。お待ちしております!

アウトドアパークinウミナカ http://www.uminaka.go.jp/outdoorpark/

とにかく雨の降らない、暑い8月でしたね。当店も「真夏は意外に暇」と毎年言いつつ、なんだかバタバタしてしまうのも例年の事です。

今年はスタッフ森安が動いて、地元糸島カヤック体験を始めました。こちらに移ってからやっと体験業務ができて来た感じです。

DSC_1183.JPG
糸島の海。今年のように岸近くで越前クラゲをたくさん見たのは初めてでした。
DSC_1181.JPG
R0002217.jpg
長崎の鹿町では4泊5日で小学生にカヤック英才教育。
R0002151.jpg
田中陽希君が遊びに来てくれたり、
DSCF8073.JPG
DSC_1127.JPG
プライベートでも子供たちと川に行ったり海に行ったりで、久しぶりに地元密着の夏でした。

■9月8~10日(木~土) 雀家ツアー 糸島
三浦・三崎町の飲食店「雀家」オーナーでアウトドアメディア等で活躍中の友人小雀陣二氏と糸島でツアーします。
食事は当然小雀氏が糸島の食材を使ってビックリな食い物を作ってくれます。是非ご参加下さい。
写真は昨年同氏とフィールドライフ誌の取材で糸島を漕いだ時のものです。ほぼ同じコースを予定しております。
食事初日夜~最終日昼は小雀氏が作ります。行動食、お酒は別途になります。
カヤックレンタル参加¥33,000  自艇参加¥27,000 となります。
 ご不明な点はお気軽にお尋ね下さい。

itosima6.jpgitoshima3.jpgitoshima7.jpg
itoshima2.jpg
itoshima1.jpg
itoshima4.jpgitoshima8.jpgチュンチュン.jpg
↑小雀陣二氏。なに艶つけとんコラ(画像どっかから拝借)?いやいや腕は確かなナイスガイです。是非ご一緒しましょう!

DSCF8015.JPG
Fetahercraftが生産再開し、新しくなったスキンで作られたカヤックが入荷しました。一時はどうなることかと不安にもなりつつ、しかしやるべき事をやりつつ、Feathercraft社、ダグを信じて待っておりました。実際に新しいカヤックを見ると、正直ちょいジワっときていまいました。
DSCF8009.JPG
デッキとハルの継ぎ目のピラピラ(ガスケット)が無くなりました。
DSCF8011.JPG
ハル素材の表は従来と同じような感じ(エンボス加工)ですが、裏は光沢があります。以前このサンプル素材を見たときにはフレームをスキンに挿入するときにスムースに行かないのでは?と心配しておりましたが、従来の補強部分はエンボス面になっているので、組み立てに全く問題はありませんでした。
DSCF8002.JPGのサムネール画像
収納バッグは現在のリップストップ素材から、以前のようなコーデュラ素材になりました。これは良いですね(今後すべてそうなるかは不明です)。

とりあえず生産は再開しました。今後ともFeathercraftを宜しくお願いします!

甑8.JPG
 なかなか明けない梅雨の終わり、鹿児島の上甑島へ行ってきました。黒潮の分流が当たり、潮流、風の影響が合わさってなかなかの手ごわい海ではありますが、そのワイルドな景観は一度は見る価値があります。九州新幹線と高速船のおかげで、かなりアクセスが良くなっていますが、何故だか観光地感はありません。まさにシーカヤックに合ったフィールドです。
 初日から風の影響で漕ぐのを断念、翌日核心部とも言える西側の断崖を回りましたが、なかなかタフな海況でスプレースカートを外してドライバッグを開き、カメラ(防水でない)を出して撮影、というのは無理でした。と言いつつドライバッグが浸水して久しぶりにカメラをダメにしてしまいました・・・。画像は生き残ったカードからとスタッフ森安君から貰いました。

R0001885.jpgR0001823.jpgIMG_5062.jpg
 
R0001889.jpg甑3.JPG
 

甑10.JPG
食べ物ももちろん美味しいです。いかにもIターンな感じの若者が営むカフェ(断崖バーガー¥1500いくらなんでも高過ぎ!)もありましたが我々はこっち↓
IMG_5058.jpg
甑 8.jpgR0001980.jpg甑5.JPGDSC_1087 (1).JPG

IMG_5033.jpg
 先日ホーボージュン兄と旅した様子が現在配布中のフィールドライフ夏号に掲載されています。
 佐賀の呼子から島を点々と繋ぎつつ長崎の松浦まで。短い旅ですが様々な変化があり自信をもっておすすめできるコースです。
 ジュンさんの文章と巨匠ヤマダマコトの写真でとても楽しいページになっておりますので、機会あれば是非ご覧下さい。
 当店でも配布中です。

IMG_5031.jpg
 Feathercraft印のパドルがいくつか入荷しております。
上から、
コーモラント4P 220㎝バサルト/カーボンモデル ¥52,000+消費税
チヌーク 4P  245㎝バサルト/カーボンモデル   ¥52,000+消費税
チヌーク 4P  235㎝FRPモデル                           ¥42,000+消費税
他写真にはありませんがコーモラント220㎝ FRPモデルも在庫しております。

バサルトシャフトはスモール(若干細い)になります。

 特にチヌークは私が20数年前にカヤックを始めたころからの愛用モデルで、思い入れの深いパドルです。以前はニンバスブランドの2ピースモデルしかありませんでしたので、フェザークラフトに乗るようになってからは自分でシャフトを切断して無理矢理4ピースに改造して使用しておりました。まだそのパドルはとってありますが、長年の使用でブレードがノコギリ状態です。

 そのころ、チヌークは北米でのナローパドルの需要の低下とかでニンバスも生産を見合わせておりました。しかしある筋からニンバスがチヌークを再生産するという噂が耳に入りました。フェザークラフトのOEM先ならば4ピースモデルもできるのでは?とダメもとでオファーを出したところ、すんなり出来上がってきました。それからチヌーク4Pはフェザークラフト社のHPにも載っていない、日本別注のような形で販売されるようになりました。

 ニンバスパドルがあまり流通しなくなったので、Feathercraftブランドの選択はデカールが異なるだけですからキッチリ入手できる賢い方法ではないでしょうか。通常在庫はしておりませんが、2ピースでのオーダーも可能ですのでお気軽にお問合せ下さい。
 まあカーボンブレードにも一応デカール貼ってありますがほとんど見えませんね。

IMG_5005.jpg
梅雨の大雨が続きましたがこの日だけは晴れました。海水は濁り、風もそこそこありましたがずぶ濡れ講習には最適な状況。
グループレスキューのあと、波のある中でパドルフロート(セルフ)レスキューがいかに困難かという事を体験して頂きました。
その後現在私が思う最も実用性のある最乗艇の方法を習得頂きました。
そして今回は暑かったのですがドライパンツを着用したままの沈脱もご経験頂きました。ドライパンツ単体での着用にはかなりのリスクが伴う事を実感頂けたかと思います。

この時期はレスキューの講習には最適です。リクエストもお待ちしております。

1234567891011

このページの先頭へ

検索