トップ » テツの小部屋 » 九州の島旅

九州の島旅

IMG_2670.jpg

お盆明けの週末は長崎の崎戸へ伊勢海老を目的に漕いできました。崎戸は旧炭鉱の島です。少し前までは廃墟となった炭鉱住宅などが残っていましたが、もうその面影も無くなりました。
IMG_2667.jpg
この8月は梅雨がそのまま続いたようなへんな気候でしたが、この日はなんとか晴れ。
IMG_2677.jpg
休憩で寄った浜では岩の間から真水が噴出していました。ビールも冷やせますね。
IMG_2681.jpg
宿のある漁港へ入港。ここの宿には私が小学生くらいのころ家族旅行で何度か来たことがあります。まさかカヤックで海から再訪することになるとは思いませんでした。当時はもっと漁船がたくさんあったような記憶があります。
IMG_2684.jpg
スロープもありましたが宿から遠かったので堤防の階段から強引に上陸。これも経験です。
IMG_2686.jpg
そして痛風の宴。サザンワークスでは珍しく宿を目的地にした旅でしたがなかなか楽しかったです。
崎戸でのお泊りは「椿の宿」へ。HPhttp://www.tubakinoyado.com/ 

IMG_2588.jpg

天草で行われた「Xアスロン」にシーカヤックのおじさんとして行ってきました。カヤックでスタートしてMTB、トレイルラン、パラグライダーという全国でも珍しい複合アドベンチャーレースです。一つの競技だけにも参戦できるらしいので、パラができなくても大丈夫です。
しかし圧巻はカヤックでスタートした浜に倉岳山頂からパラグライダーで正確に着地するゴール。皆さんお見事でした。
フェザークラフトもジェットストリームが一艇参戦でした。
IMG_2591.jpg
 近くの倉岳高校の生徒さんたちも参加されていました。使用するカヤックはなんと学校の備品。準備、撤収も慣れたものですが、動いているのは基本女子。片付けも男子は周りでボーゼンとしていました。なんとなく現状を見てしまった感じです。

来月はこの倉岳の海の向こう、日奈久あたりから漕ぎ出す予定です。

 やっと雨が上がり佐世保で中休み、ナイトライフを楽しみ(老舗バー、マスターズのモスコーミュールは最高です)ホテルで洗濯してベッドで就寝、が皆さん「テントの方がよく眠れた」そう。佐世保港を越えて崎戸大島との間の寺島水道を抜けて大瀬戸町へ。追潮でガンガン進みます。ウニ丼に悶絶。その後は長崎港手前の手熊という漁港へ。ここで風波強くなり停滞。天気は良いのでリゾート気分。私はガリガリ君を使用してオジジナルカクテル「ガリガリータ」を開発。明けてベタ凪のなか伊王島~高島~軍艦島とホッピングして野母崎へ。温泉へ入り頭二度洗いスッキリ。雨予報を受けてここで旅を終わらせました。

 「カヤックは旅の道具」とは昔から良く聞くフレーズですが、それを実践している人はどれだけいるのでしょう。休みが少ないからか日本人にはレースやロールの練習やらフィジカルな方が合っているのでしょうか。日々のパドリングにももちろん楽しみはありますが、年に一回くらいはどーんと行きたいものです。私は良く言うのですが、空荷で乗る(遊ぶ)にはカヤックは大きすぎ、高価すぎです。あのでかい図体は荷物を詰めるためにあります。無駄な空間を振り回して遊ぶよりも、SUPなど状況にフィットする道具はほかにもあります。シーカヤッックが旅の道具でなくなりつつあるのは日本だけの状況という訳でもなくどうも世界的な傾向でもあるようです。みんな忙しいのか、ほかにも色々遊びが出てきたからか。
というか単純に旅する人にしか必要とされなくなっているのではないでしょうか。「海旅とは?」と一席ブツつもりなど毛頭ございませんが、個人的見解としては旅を終わらせるときにルーフキャリアを装着した車が必ず必要、というのは道具として自由さの点で少々厳しいものがあるかなと。なので時代はフォールディングへ、などと腰痛をさすりつつ思う2014年初夏。写真適当にピックアップしました。お時間ある方ご覧下さい。
IMG_2358.jpg
IMG_2370.jpg
IMG_2372.jpg
IMG_2374.jpg
IMG_2381.jpg
IMG_2382.jpg
IMG_2383.jpg
IMG_2384.jpg
IMG_2385.jpg
IMG_2387.jpg
IMG_2393.jpg
IMG_2400.jpg
IMG_2409.jpg
IMG_2421.jpg
IMG_2422.jpg
IMG_2423.jpg
IMG_2438.jpg
IMG_2441.jpg
IMG_2444.jpg
さあ帰ろう。

皆様GWは如何お過ごしだったでしょうか。サザンワークスのツアーとしては最長(期間・距離)の旅から戻りました。10周年記念ツアーと思いきや何気に11年目だった、という事は忘れましょう。唐津を出発し鷹島、平戸を越え佐世保でナイトライフを楽しみ結局野母崎にゴールしました。晴れに雨に風に潮流、停滞といろんな状況がありましたがとにかくカヤックの旅は長い程良い、という事を再認識しました。長い距離を漕ぐのが目的でもなく、海はそれなりに厳しいもののウィルダネスという訳でもないのですが行く先々での人、文化に触れるとき、人力で小船を漕いできたからこその感動がありました。その土地を知るのにこれ以上の乗り物があるのなら教えて頂きたい!という気分です。このあたりでこれまでシーカヤッカーと出会ったこともなく、「みんなもっとやればいいのに」とつい思いますがいや我々だけで充分な気もします。また「目的地を定めない」というコペルニクス的転回(通称コペ転)発想を現実のものにするフェザークラフト。漕ぐだけ漕いでブラリ帰って来る事ができます。そしてこの行き当たりばったりな旅で、終始明るく、最後までケンカもせず、私を助けてくれたメンバーの皆様に感謝です。ああ~早くまたどこか行きたいな。写真数多いかもしれませんがお時間ある方ご覧下さい。

IMG_2264.jpg
IMG_2269.jpgのサムネール画像
IMG_2275.jpg
IMG_2278.jpg
IMG_2286.jpg
IMG_2295.jpg
IMG_2299.jpg
IMG_2303.jpg
IMG_2311.jpg
IMG_2316.jpg
IMG_2329.jpg
IMG_2340.jpg
IMG_2349.jpg
IMG_2356.jpg
 その2へ続きます。

IMG_1997.jpg

この季節としては貴重な週末でした。みなさんちょうど色違い。
IMG_1992.jpg
糸島では牡蠣小屋を目指すツーリング。一人1キロの牡蠣を食べました。向こうに見えるのは糸島富士と呼ばれる可也山です。
IMG_2003.jpg
佐世保ナイトでは定番のくわ焼きのあと、古いバーでジントニック、〆はもちろんブルースカイ(深夜のみ営業)で粛々とハンバーガーを頂きました。翌日はトンネル横丁で新鮮すぎて安すぎるホルモンを大量仕入れして無人島へ。セミドライでは汗ばむパドリングです。夜は焚き火がありがたく、ベストなツーリング日和でした。空も澄み渡り、ずんずん漕いでいるうちに頭が「クラクラ~」っとするような開放感、味わった事あります?
IMG_2002.jpg
 ウチワエビも忘れずにお味噌汁でいただき、
IMG_2004.jpg
そんなこんなで今後はレッドブルも宜しくお願いします、という事で!
上写真のオリジナルアリュートバトルT2、ご好評頂いております。改良を繰り返し自分でもかなり満足の完成度に仕上げて頂きました。自信作です。絶賛ご注文受付中です。HDカート共々オリジナルプロダクトも宜しくお願いします。

IMG_1971.jpg

先週末は長崎の崎戸島と橘湾を旅してきました。ベタ凪の中スタートして快適な無人の浜(佐世保の友人に教えてもらいました)でキャンプ。ホルモンをB6君でジリジリして、youtubeで中島らも出演の徹子の部屋などを観て楽しんでおりました。
IMG_1972.jpg
崎戸は石炭の島です。浜が黒いのはそのせいでしょうか。明け方、波の音は激しく聞こえ始め、「ヤバイかな~」と思っているとテントのフロアが波のタイミングに合わせて盛り上がります。いつもの浸水ですハァ~。雨も激しくなり合羽を着て早朝のテント移動。
打ち寄せるうねりは満潮にあわせて激しくなり、とても帰れそうにありません。
IMG_1975.jpg
おそらく地形の問題でしょう。干潮を待つ間に陸路を探したりしましたが、山に入ったらトグロを巻いたマムシ君と出会い、干潮を待って意地でも海路で帰ることにしました。でも面白かった。

IMG_1976.jpg
その夜は長崎で宿に泊まり生き返りました。思案橋の名店「桃若」最高です。翌日は「シーカヤック長崎」の岩永さんに橘湾をガイドして頂きました。風は若干あるものの、瀬戸内のような温暖で穏やかな海に癒されました。
IMG_1977.jpg
ほぼ初めて橘湾をパドリングしましたが、北風を遮る地形、島もあって水も綺麗。素晴らしいフィールドです。長崎はやはり良いです。今月末は同じく長崎で痛風ツアーです。

IMG_1908.jpgのサムネール画像

各地から集まったユーザーさんたちと博多で飲んでから埠頭へ移動し、0:10発のフェリーに乗り込みました。早朝5時に厳原着ですが、7時までは船内で寝ていられます。対馬カヤックスの岩永さん、中澤さんに迎えに来ていただき、旅のスタートです。浅茅湾に漕ぎ出しました。
IMG_1904.jpg
IMG_1905.jpg
IMG_1910.jpg
向かい風の中を進み、「あそうベイパーク」のキャンプ場泊。湾奥なのに水は澄み、グリーンとブルーの入り混じったような独特な美しさです。地図を常に確認しながらいくつもの島や入り江を横切ります。これまで見たどこにも似ていない景色です。
IMG_1917.jpg
IMG_1923.jpg
 2泊目は対馬カヤックスの素敵なクラブハウスにお世話になり、3日目は朝食を持って金田城の城門と城壁を海から見学に行きました。
IMG_1928.jpg

IMG_1930.jpg
金田城は約1300年前、大和朝廷が大陸からの侵攻に備えて城山につくった山城です。まさに天然の要塞で城門は海に向いており、山の周囲を石の城壁が取り囲んでいます。そんなものが残っている事に驚きます。
IMG_1939.jpg
 帰りのフェリーは寄港した郷ノ浦(壱岐)港にて。島を離れる子供がいたのでしょう。泣いている男の子もいて、おじさんももらい泣き。

国境の島、対馬は派手な観光地ではありませんが変化のある海を持つ、シーカヤックには絶好のフィールドです。博多からのアクセスも良いので是非皆さん漕ぎに出かけてください。私は今度は寒い時期に行きたいと思っています。

対馬カヤックス http://www2.ocn.ne.jp/~tsukayak/
シーカヤック長崎 http://www2.ocn.ne.jp/~tsukayak/nagasaki.html(対馬カヤックスの岩永さんが長崎市で10月1日からガイドサービスを開業されます。長崎方面も是非漕ぎに行きましょう!)

IMG_1760.jpg

西表島に行っていました。今年はサザンワークス10周年という事で、別になにもしませんが開催イベントはすべてに「10周年よくもった記念」という冠が付くことになりました。
IMG_1752.jpg
 全国各地からユーザーさんが愛艇を送りつけて集まり、旅が始まります。もう氷の補給はできないぞ。
IMG_1778.jpg
 南風ビュービューなので北側から出発。地形はリアスで島が多く、九州に似ています。
IMG_1758.jpg
 そば。
IMG_1769.jpg
 快適なキャンプ地。これだけの日差しにはタープでは駄目です。木陰が一番。
IMG_1771.jpg
 そして今回お世話になった「Bajau trip」のあかちん。昨年独立して頑張ってます。以前からのフェザー仲間です。海から自由自在に食材を持ってきてくれますので安心です。そしてこの全開のどや顔でもっているのは西表の野生の猪。しかしいい笑顔やな。内地で見たことないぞ。
IMG_1773.jpg
 刺身で頂きました。これが何ちゅうか、人生で5本、いや3本の指にはいる美味さ。ドングリやら椎の実ばっかり食べてるのでイベリコ豚の野生版といった所でしょうか。これはいくら金積んでも食べられません。この時程キンキンの赤ワインが無い事を後悔したことgはありません。次回もしまたこれが食べられるなら、必ず持ってくるぞ「チンカチンカのひゃっこいインワー」となぎら健一風に激しく誓いました。
IMG_1777.jpg
 
IMG_1770.jpg
 パッションフルーツに泡盛を注ぐ。
IMG_1800.jpg
 
IMG_1787.jpg
 貴重なシャワー。
IMG_1804.jpg
 ハタの清蒸。
IMG_1793.jpg
IMG_1795.jpg
 
IMG_1749.jpg
 私は黒い黒いと言われますが、本物はこうです。石垣「トニーそば」のおじちゃん。「トニー」なのは赤木圭一郎のファンだからみたいです。尖閣問題などに関して、かなりアナーキーなご意見を聞かせて貰えました。ロンリープラネットでもおなじみらしいです。
IMG_1806.jpg
 ここしばらくは九州を漕ぐのにいそがしく、南国にあまり来ていませんでしたが(昨年のカケロマ以来)、やはり良いですね。生命力に溢れ、陳腐な表現ですがパワーを吸収できる場所だと感じました。ほぼ外国、でも日本語通じて治安良く海綺麗食べ物最高。皆様西表に行くときはBajau tripで決まりですよ。お世話になりました。

IMG_1629.jpg

 GW前半のツアーから戻り、今度は呼子から佐世保へ。前日まで吹いていた風も収まりました。波戸岬から向島(むくしま)を経由してこの日は鷹島泊。日中の気温は高いですが、夜は焚き火がありがたいです。
IMG_1637.jpg
ベタ凪の中出発。青島で休息後、松浦へ。気温が上がると西風が吹いてきます。
IMG_1638.jpg
 マップケースには昭文社の県別道路地図。長い距離をパドリングするときには便利です。ただ、山の等高線がなく、当然灯台などの表記もありません。鷹島から青島の間は本線航路があり、伊万里港へ出入りする大型船が意外に多く通るので注意が必要です。特に最近は黄砂などで霞んでいるので気をつけましょう。
IMG_1642.jpg
IMG_1648.jpg
 松浦着。最高のキャンプ地です。
IMG_1649.jpg
平戸島が見えてきました。
IMG_1656.jpg
IMG_1658.jpg
 転流を待って平戸瀬戸を通過。景色がぐんぐん変化します。この日は鹿町でキャンプ。シャワーを浴びてスッキリして、お好み焼き屋さんで生ビールを決めました。
IMG_1662.jpg
最終日九十九島へ。漕いできたなあ、という感慨に浸ります。だんだんと見慣れた風景に入って旅が終わりました。このコースは玄界灘の島巡りから、平戸の瀬戸、九十九島ととても変化に富んでいて飽きません。お客様は県外からが多いのですが、地元の皆様にも是非通して漕いで頂きたいです。よその方は九州のポテンシャルに気づき始めていますよー。快適なキャンプ地に泊まり、美味しいものを頂き、ぐんぐん漕いできてカヤックを畳んで手ぶらで帰る、そんなFeathercraftだからこそ可能になる旅です。個人的にはカヤックの中に生活(キャンプ道具)と移動に必要なもの(バッグやお街用の服など)がすべて詰まっているのがなにより心地よいです。今度は一週間くらいでやりましょう。

IMG_1596.jpg

 3年ぶりくらいに野母崎を漕ぎました。前日までの風も収まり、天気も上々。私は移転等々でしばらく漕いでいませんでした。この開放感はやはり最高です。
IMG_1607.jpg
 軍艦島(端島)。70年代初めまで日本の発展を支えました。日本初の鉄筋コンクリートの集合住宅やら、当時日本一の人口密度など有名ですが、「人間より石炭が大事」とされた過酷な労働の島でもありました。現在は遊覧船が多数行き来する観光地。長崎の西岸はこういったかつての炭鉱の島がたくさんあります。
IMG_1604.jpg
野母崎の岬ちかくの浜でキャンプ。温泉、食事、トイレ・水、買出し可能と最高の条件がそろった場所です。沖には軍艦島。
IMG_1610.jpgIMG_1612.jpg
IMG_1617.jpg
 風が北から南に変わる前に野母崎を回り、樺島を経由して本日のキャンプ地へ。大潮です。完全に夏の陽気。子供たちはもう泳いでいました。
IMG_1619.jpg
 早く到着したのでタープを張ってビールを飲む人、樺島一周に出かける人。あ~久しぶりにのんびりだ。
IMG_1623.jpg
 南の風が吹き出して今回の旅は終了。みんなで皿うどんを食べて皆さん全国各地へ戻られました。GW後半は呼子からの漕ぎ漕ぎツアーです。

<<前のページ 1234567891011

このページの先頭へ

検索