トップ » テツの小部屋 » 九州の島旅

九州の島旅

s-IMG_1045.jpg
 今年のGWは不知火海から黒之瀬戸を通過して行けるところまで南下しよう、というツアーでした。
全国各地からフェザークラフト乗りが集まり、一両しかない「肥薩おれんじ鉄道」に集合。カヤックとキャンプ道具を持って出艇の駅に降立ちました。サポートガイドはライターのホーボージュン兄。私とジュン兄は糸島で雑誌の撮影を終えてから、朝8時博多発の新幹線で現地入り。九州新幹線は凄いです。

 鉄道が海沿いに走るようになると一同愕然。海にはウサギが飛び跳ねています。しかし我々には車がありません。とりあえず予定の駅で降りて、えっちらおっちらカヤックと装備を海岸へ運び、どうしようか悩みながら組み立てました。

 この連休は日本海にある寒気団のせいで全国的に悪天候。昨日の大雨のせい海水もかなり濁っています。それでもここは周囲を陸に囲まれた、一応内海。それでもこの風です。他のエリアに比較すればまだマシなほうでしょう。

 全員のスキルと、ガイドの数から判断して、岸ベタでとにかく進んでみることにしました。なかなかの横風で、防波堤がある場所などはかなりの返し波で大変でした。それでも畳んだカヤックとキャンプ道具で陸上のペンギン状態だった我々も、すべての道具を組んだカヤックに詰め込めば、あとは自由の身です。波と格闘しながら漕ぎ進み、予定の野営地の5キロ手前でこの日は上陸。風裏の快適なキャンプ地でした。
s-IMG_1047.jpg
 二日目。朝は昨日より凪いでいますが、徐々に風は上がるでしょう。それでも昨日のメンバー(最近はメンバー、って悪い意味で使われますね!)の漕ぎから判断して出発しました。11時を回る頃には予想通り南西から風が吹きつけてきました。ラダーの無いフネは大変です。水俣のリアスの沿岸の岬ごとにいやな波が立ちますが気合でゴンゴン乗り越えて行きました。
IMG-3290.JPG

 南下するほどに海水もクリアになっていきます。2日目にして初めて漁をする漁船を見ました。この日の野営地は約35キロ先でしたが、その3キロほど手前に良さげな場所を思い出しました。最近はかつて訪れた場所でも、その場に接近しないと地図上では思い出せない事が多くなってきました。一旦上陸してしまうと、緊張の糸が切れ、この先漕ぐことは無いだろうなと思いましたが、その通りになりました!この日はみんな「風呂に入りたい」「買い出ししたい」「外食したい」と欲求まみれでしたので、頑張ったご褒美にバスで米ノ津の街で出かけ、温泉に入って居酒屋へ直行、島娘(長島産のレアな焼酎)を痛飲しました。この日の漕行、32キロ。荒れた中頑張りました。IMG-3292.JPG 三日目。この日はいよいよ黒之瀬戸を通過します。朝の時点では凪いでいますが、午後風が上がる可能性は高いです。予定では阿久根方面に南下する予定ですが、ここ数日の風だと恐らく大変だと考えられます。瀬戸手前では風裏になるため、判断できません。
瀬戸は下げ潮流に乗って通過予定なので、外海に出てから荒れてるから引き返す、そいうのは無理です。結局、瀬戸まで行って、流されつつ判断するしかない、ということで結論づき、出発。まあ、旅の途中、海の上で行先を決められる事ほど贅沢な事は無いかもしれません。スタート地点にクルマを置いていたりとかしたらここまでの自由度はないでしょう。それは安全性にも繋がります。私達にはこのカヤックの中の道具さえあればどこにでも行けるのです!s-IMG_1056.jpg
 で、黒之瀬戸まで、出水平野沖をショートカットします。この度初の激しい凪!これまでのご褒美でしょう。と言いつつ進むと次第に向かい潮に捕まり、パドルが重たくなりました。瀬戸の転流はおそらく11時くらい。焦り始めましたが、沿岸に近づくと向い潮の反転流があり、グイグイ進みます。兎に角早く瀬戸に着きたい一心でパドルを動かしていると再び向かい潮に。もう転流が始まったようです。
IMG_1063.JPG
IMG_1066.JPG 予定より30分ほど遅れて瀬戸に到着。この時点で風向きから南下は諦め、北上して長島沿いに進むことを皆に伝えました。そのためには向こう岸(長島海上でミーティングしている間にも潮がどんどん早くなってきました。一部には段差もでき始めてます。ここは船舶の航行も多いので8名全員で渡るのもどうかと思い、慌ててメンバーを2班に分け、松本チームとホーボーチームで別に渡る事にしました。
ジュンさんいて良かった。
 
 文字通り川のように流れる瀬戸をパワーで対岸に渡り一安心。これが本当に川であれば大したことない流れですが、海だとやはり緊張しますね。
s-IMG_1071.jpg
  このコースのハイライトはこの瀬戸を越えるといきなり南国の海になることです。幸い晴天だったのもありますが、透けて見える改定には巨大なテーブル珊瑚がたくさん。これまで何度も通過している場所でしたが、ここまで珊瑚エリアが広いとは知りませんでした。
IMG_1081.JPG
 南寄りの風もどうやら収まったようです。ここからはのんびり景色を楽しみながら長島を北上しました。目指す野営地の近くには我が愛する芋焼酎「島娘」の醸造元があるのです(ま、昨夜もしこたま飲みましたけど)。そしてその醸造元にはリアル島娘もいるのです。そりゃ頑張りますわな、という事で本日も33キロ漕いでゴール。
IMG_1085.JPG
 最終日は雨予報なので、ゴール後ビールを飲みつつカヤックを解体。翌日は雨上がりと同時に宅急便でのロジスティックが完了。温泉に入り、駅までのバスに乗りました。
IMG-3312.JPG
 フォールディングの旅というのは正に「放浪」です。海と向き合い、自然に合わせて動く事ができます。私の知る野外での遊びの中で最も自由度と、それに伴うリスクが高い遊びでもあります。つまり真骨頂な訳です。漕ぎ応えのある、楽しい旅でした。
 安全に終わることができたのはタフでフレキシブルな参加者の皆さん、サポートしてくれたホーボージュン兄のお陰です。ありがとうございました。

IMG_2396.jpg
すっかりイベント等のご案内が遅くなってしまいました。
福岡では桜も咲き始め、そろそろ始動したい皆様も多いのではないでしょうか?
以下4~5月の現在決定分の予定です。

■4月1日(日)
「Thinning」出展■

糸島市丸田池公園で行われる山の問題を考えるイベント。
サザンワークスではサポート頂いているザ・ノースフェイスに協力して
朝倉豪雨災害に問題になった倒木を鍋敷きに加工して販売します。
売り上げは全額朝倉市に寄付しますので、皆さま宜しくお願い致します。

 
■4月7~9日(土~月)
Camping Trip in Kyushu 糸島編■

アウトドアメディアでも活躍する「雀家」店主小雀陣二とサバイバル系カメラマン亀田正人、
とサザンワークスでプロデュースする3日間。カヤック、MTB、アウトドアクッキング、
屋外写真講座など盛りだくさんの内容で、糸島の自然をより深く遊びます。
2日間のご参加にも対応しておりますので、是非ご一緒しましょう。
参加費:¥50,000(3日間)¥35,000(2日間)
https://www.a-kimama.com/outdoor/2018/03/78080/

■4月21~22日(土日)
Outdoor Day Japan 出展 (カヤック体験)■

プールにカヤックを浮かべて都会でのカヤック体験です。
今年は鴻臚館跡で開催されます。様々なアウトドアブランドが出展します。
お手伝い頂ける方募集中です。薄謝、昼食付です。お願いします!
https://outdoorday.jp/fukuoka/

■4月29日(日)
Pacific Action Sail ワークショップツアー ■

PASセイルを使いこなすためのワークショップ型ツーリングです
PASオーナー様対象ですが、体験してみたい方もご相談下さい。
風向きをみてのワンウェイツアーの予定です。
開催地:糸島市周辺
参加費:¥7,000

■5月3~6日(祝木~日)
Feathercraftで行く熊本~鹿児島の旅■

熊本の日奈久あたりから出艇して行けるところまで漕ぐ放浪の旅です。
不知火海から黒之瀬戸を越えて東シナ海へ。劇的な変化のあるお勧めコースです。
九州新幹線とおれんじ鉄道を使ってアプローチします。
フェザークラフトオーナー様対象です。
参加費:¥40,000

■5月19~20日(土日)
Southern Works ミーティング■

単なるキャンプのお誘いです。もちろんカヤックも漕げますが、
たまにはのんびりして昼からビール飲んだり、皆さまの交流の機会になれば
嬉しいです。ご家族サービスにもご活用下さい。オートキャンプ可能です。
あの?NEWカヤックの試乗艇もご用意しております。
開催場所:糸島市芥屋
参加費:¥1000/1名(場所代)

■5月26~27日(土日)
 佐世保・高島島渡り旅■

佐世保の高島へ渡ります。島渡りのトレーニングにも最適です。
当該エリアの中では最高に快適な野営地です。
自艇でのご参加が基本となります。
参加費:¥20,000

以上、現在決定分の予定です。
他お問合せもお気軽にご連絡下さいませ。

_AJS0440.jpg
BIKE & KAYAK 2017 Feel the wind outdoor tour
FBやメルマガではお知らせしてましたが、上記ツアーを開催します。
熊本・小国町で2日間のMTBライドのあとは怒涛の如く佐世保へ移動して夜の街を徘徊、翌日はカヤックで島巡りして糸島へ戻ります。
アテンド役は不肖テツ松本の他、おなじみアウトドア料理その他いろいろやってるチュンチュンこと小雀陣二、今やサバイバル写真家と化した亀田正人。スーパー楽しいロードになると確信しています。まだ若干名空きございますので、是非一緒に遊びましょう!
詳細は→http://www.a-kimama.com/outdoor/2017/09/74438/

♦その他の予定♦

■10月8~9日 カヤック旅 ワークショップツーリング

先月台風で流れたツアーを開催します。長崎県、松浦周辺の島を巡りつつ、旅のカヤックのノウハウを一気に吸収してください。
参加費:¥20000 今回はレンタルカヤックでのご参加も受け付けます。お問い合わせ下さい。

■10月10~11日 貸し切りツアーで不在致します。

■11月24~26(金-日)日 日豊海岸ぶらり旅
 大分と宮崎の県境あたりをパドリングします。福岡からもなかなか行かない日豊海岸は
 リアスの海岸に太平洋のパワーあふれるうねりが入る素晴らしい海です。
 独自の美味しいものたくさん。玄界灘が荒れ始めてからがこのエリアのシーズンです。
 めったに行けないので是非この機会に。
 参加費:¥40,000 福岡から車同乗ご希望の方は23日夜に出発します(交通費ワリカンです)。

22008183_1413722502056273_8891422574997194880_n.jpg
 デンマークからやってきたルン君(26歳)が九州(多分)一周のカヤック旅に出ました。2か月は時間があるそうです。
伊豆のサーフェイス武田君の元でワンシーズン働いたとは言え、カヤック歴数か月です。ここが、シーカヤックの面白いところですね。
やる気さえあれば、こんな事ができるのです。スキル等々もある程度は必要かもしれませんがそれよりも、旅に出るという情熱、好奇心の方が大事です。
そもそも、2ケ月のカヤック旅に出ようとする人間が、変な事するはずもありません。これは確信してます。
 これから、楽しいことはもちろん、恐怖で膝がガクガクしてカヤックをホールドできないような事もあるでしょう。快適な海と野営、またはその真逆。
 シーカヤックは経験の世界であり、またそうでは無い世界だと私は考えます。自然、地球に我が身をどれだけフレキシブルに合わせる事ができるか。それは経験であり、または経験では対応不能な場合もある。そんな矛盾した事を、北海道の新谷さんは確かこう表現していました。

             「経験は役に立たない、という事を知るには経験が必要だ」

 漕げば漕ぐほどこの言葉の意味が理解できると思います。
また、10年間誰かのケツ(背中か)を見ながら漕ぐよりも、10日間一人で漕ぐ事の方がシーカヤッカーの自立を促成するのは間違いのない真実の事実です。と、ここまで書いて、つくづくシーカヤックというのは判りにくい遊びだな、と改めて思ってしまいました。

 ともあれ、この若きヴァイキングの末裔は現在、松浦水軍の本拠地あたりを進んでいます。上陸後は松浦党の末裔たちにビール買いに連れてってもらったりしてるようです。別に九州島を一周する義務はないし、途中でどっかの女の子に引っかかったり、そのまま四国や本州に行っても良いんです。この旅が終わる頃には活きのいいシーカヤッカー一丁上がりなのは間違いないです。

 九州のシーカヤッカーの皆様、沿岸にお住まいの皆様、もし彼を見かけたら宜しくお願いします。控え目な性格の彼に代わって言いますと、ビールはサッポロが好みのようです。


 今年のGWの天候はまあまあでしたね。毎年この時期は風が読みにくいので、車を使わないフェザークラフトでは海況に応じて出発地点を変更することが容易ではありません。なので出発までがドキドキです。ただどうあれ自然に任せるしかないので単純とも言えます。

今回は天草北部のヤマト運輸の営業所止めでカヤックと道具を送り、その近くの浜から出艇しました。

 またいつも書きますが、カヤックに積んだものが全て、クルマを海岸に置いて出艇していないという「放浪感」の気持ちよさは、海に浮かぶまでの手間と差し引きしても余りありまくり、何物にも代えがたい感覚です。

 天草の西海岸は潮流も早く、決してイージーな海域ではありませんが、手練れのメンバーに恵まれ、楽しく旅ができました。
変化に富んだ海岸線、強い流れ、洞窟、快適な野営地、美味しい食べ物、旅人に優しい地元の皆さん、シーカヤックに必要なものが全て揃っています。

 今回は5日間の日程で鹿児島県の長島までたどり着きました。長島と言えば島美人、島乙女、「島内限定販売」の島娘の芋焼酎三姉妹が有名です。自力で漕いで着いた島で飲む島娘は格別です。それと秘密ですが、我々がいつも焼酎を買う酒屋にはリアル美人姉妹がいるのです。どうです、行きたくなったでしょ・・・。

 天草は昨年の熊本地震で直接的な被害は見られませんでしたが、やはり観光客の数は落ち込んでいるそうです。
みんなもっと行った方が良いですよ!

IMG_0592.jpg

IMG_0522.jpg
IMG_0533.jpgIMG_0554.jpgIMG_0538.jpg
IMG_0540.jpg
IMG_0597.jpg
IMG_0569.jpg

IMG_0603.jpg
IMG_0597.jpg
IMG_0604.jpg
IMG_0610.jpg
IMG_0616.jpg
IMG_0617.jpg
IMG_0621.jpg
IMG_0255.JPG
IMG_0256.JPG

R0002463.JPG
 台風をうまく躱して、小雀氏とそのお客さんたちが糸島へ遊びにきてくれました。アウトドア料理人である小雀氏がいるので、もちろん食事は毎回やってくれます。今回も糸島の食材でうまいものたくさん作ってくれました。
 机島~野北~芥屋大門の予定でしたがなかなか手強いうねりのせいで最後の大門は回れませんでしたが(代わりに立石山ビーサン登山)、とても楽しい糸島再発見の旅でした、というかあまり地元の人も見たことない景色ばっかりだったと思います。福岡の人も漕がないと損ですよ!
R0002472.JPG
R0002421.JPG
R0002426.JPGR0002469.JPG
R0002470.JPGR0002423.JPG
オスズメさん、ありがとうございました。

とにかく雨の降らない、暑い8月でしたね。当店も「真夏は意外に暇」と毎年言いつつ、なんだかバタバタしてしまうのも例年の事です。

今年はスタッフ森安が動いて、地元糸島カヤック体験を始めました。こちらに移ってからやっと体験業務ができて来た感じです。

DSC_1183.JPG
糸島の海。今年のように岸近くで越前クラゲをたくさん見たのは初めてでした。
DSC_1181.JPG
R0002217.jpg
長崎の鹿町では4泊5日で小学生にカヤック英才教育。
R0002151.jpg
田中陽希君が遊びに来てくれたり、
DSCF8073.JPG
DSC_1127.JPG
プライベートでも子供たちと川に行ったり海に行ったりで、久しぶりに地元密着の夏でした。

■9月8~10日(木~土) 雀家ツアー 糸島
三浦・三崎町の飲食店「雀家」オーナーでアウトドアメディア等で活躍中の友人小雀陣二氏と糸島でツアーします。
食事は当然小雀氏が糸島の食材を使ってビックリな食い物を作ってくれます。是非ご参加下さい。
写真は昨年同氏とフィールドライフ誌の取材で糸島を漕いだ時のものです。ほぼ同じコースを予定しております。
食事初日夜~最終日昼は小雀氏が作ります。行動食、お酒は別途になります。
カヤックレンタル参加¥33,000  自艇参加¥27,000 となります。
 ご不明な点はお気軽にお尋ね下さい。

itosima6.jpgitoshima3.jpgitoshima7.jpg
itoshima2.jpg
itoshima1.jpg
itoshima4.jpgitoshima8.jpgチュンチュン.jpg
↑小雀陣二氏。なに艶つけとんコラ(画像どっかから拝借)?いやいや腕は確かなナイスガイです。是非ご一緒しましょう!

甑8.JPG
 なかなか明けない梅雨の終わり、鹿児島の上甑島へ行ってきました。黒潮の分流が当たり、潮流、風の影響が合わさってなかなかの手ごわい海ではありますが、そのワイルドな景観は一度は見る価値があります。九州新幹線と高速船のおかげで、かなりアクセスが良くなっていますが、何故だか観光地感はありません。まさにシーカヤックに合ったフィールドです。
 初日から風の影響で漕ぐのを断念、翌日核心部とも言える西側の断崖を回りましたが、なかなかタフな海況でスプレースカートを外してドライバッグを開き、カメラ(防水でない)を出して撮影、というのは無理でした。と言いつつドライバッグが浸水して久しぶりにカメラをダメにしてしまいました・・・。画像は生き残ったカードからとスタッフ森安君から貰いました。

R0001885.jpgR0001823.jpgIMG_5062.jpg
 
R0001889.jpg甑3.JPG
 

甑10.JPG
食べ物ももちろん美味しいです。いかにもIターンな感じの若者が営むカフェ(断崖バーガー¥1500いくらなんでも高過ぎ!)もありましたが我々はこっち↓
IMG_5058.jpg
甑 8.jpgR0001980.jpg甑5.JPGDSC_1087 (1).JPG

IMG_5033.jpg
 先日ホーボージュン兄と旅した様子が現在配布中のフィールドライフ夏号に掲載されています。
 佐賀の呼子から島を点々と繋ぎつつ長崎の松浦まで。短い旅ですが様々な変化があり自信をもっておすすめできるコースです。
 ジュンさんの文章と巨匠ヤマダマコトの写真でとても楽しいページになっておりますので、機会あれば是非ご覧下さい。
 当店でも配布中です。

1234567891011

このページの先頭へ

検索