トップ » テツの小部屋 » ひとりごと

ひとりごと

_BB_0356.JPG
<写真:ヤマダマコト ホーボージュン兄と俺>

 「女の子の博多弁はかわいい!」とよその人はみんな言いますが、男の場合はどうなんでしょうね。方言には標準語にはない微妙な表現に徹したものがたくさんあり、面白いですね。先生(私)は福岡出身ですが大牟田という博多からは遠く熊本との県境の炭鉱町で生まれ育ちました。筑後弁エリアです。ラーメンに替え玉はありませんでした(当時)。その後福岡へきて26年。もうすっかり博多弁に染まって普通に替え玉も頼んじゃったりしてますが、客観的に見ることもできます。特に私が独立前に建設関係でバイトしていた時や、バンド活動をしていた時には親方や先輩連中の興味深い博多弁を多く勉強させてもらいました。そんな中から、シーカヤックのみならず、フィールドで使うのにピッタリな博多弁をいくつか挙げていきます。


例1 「艶つけとう~」
標準語訳:「恰好つけてるね」
解説:当HPで最もよく出る博多弁ですので皆様には周知の言葉ですね。まあ、格好いいね、という意味ですが関西弁の「イキってる」とは微妙に違い、褒めているニュアンスもあります。英語で言えば「Dude」かな?正確に言えば褒め割合49%、冷やかし51%です。
フィールドでの使用例:カヤックツアーでの休憩中、お茶でも飲もうかというときに、アウトドア用のコーヒーミルなどをやおら出してきてガリガリするやつに対して「艶つけとう~」、上級者はそれを略して「艶!」と言い放ちます。この場合、「そんなのもってきて凄いね」という意味と「しゃらくさいやつ」という意味が入り混じっています。とても深い言葉と言えるでしょう。

例2 「天秤くらうぞ!」
標準語約:「グラグラしてあぶないよ!」
解説:長いものを持ち上げてフラフラすること。あるいは建設現場においては重いものを持って足場板の上をあるく際、その足場板の下になにか挟まっており、シーソーのように不安定になること。
フィールドでの使用例:これはもうカヤックを一人で担いだときです。肩に担いだカヤックのバウやスターンが地面にガスっとあたりそうになる前に叫んであげましょう。「天秤くらって」ラダーが壊れるカヤックが毎年平均約1300艇ほどあると先生は聞いています。

例3「アイタよっと」
標準語訳:「おっとっと」「あらら」
解説:建設現場では特にインパクトドライバーでビスを打とうとするとき、力加減や角度が悪くビスの頭からビットが外れて対象物にドライバーの先が「ガスっ」といきそうになる、その瞬間に出さなければいけない言葉です。同義の言葉に「アイタこら」もあります。
フィールドでの使用例:シーカヤックで航行中、思わぬタイミングで横波を食らったときや、サーフウェーブに乗ってしまってリーンした方向と反対にコケそうになった時に使います。連呼しても構いません。強風でタープのペグが外れたときなどにも有効です。

例4 「しろしか~」
標準語訳:「なんだかじめじめして不快だな~」
解説:雨がしとしと降って、湿気が高いときにつかいます。豪雨のときや、ビショ濡れのときには決して使わないのがミソです。じんわり濡れて、気持ちが悪いときのみ使用します。
フィールドでの使用例:そのままです。タープの下にいると雨音で相当な豪雨だなと思いつつ、でも外にでるとそうでもないな、でもパッキングして漕ぎ出すのはちょっと気が乗らないな、というときに使います。

例5 「腰やるど!」
標準語訳:「おいキミ、そんな体勢では腰を痛めてしまうよ!」
解説:重いものを持とうとするときに相手の腰を思いやって発する言葉です。
フィールドでの使用例:「天秤~」と同じくカヤックを持ち上げるときに。特にタンデムカヤックの時に使います。そんな誰かに対しても、複数人で一つのカヤックを持ち上げる時にも自戒の意味を含めて相互に連呼し合います。特に一人で膝を曲げすに持ち上げようとする益荒男を見かけた時には激しく言ってあげて下さい。先生は数年前カヤック10日間のロングツアー中の中盤でギックリ腰をやってしまい、その後は毎日朝晩自分のカヤックと荷物をお客さんに運ばせてたという人には言えない苦い経験があります。

例6 「頼んどくばい、て言うとかないかんもん、ほんなこて」
標準語訳:「お願いしとくよ、って言っておかないといけないんだから、本当に」
解説:かなり高度な博多弁使用例ですが、建設現場では日々多用されています。何度言っても材料を2ミリ短く(切断機の刃の厚さ分)切ってしまう新米や、遅刻常習犯やうっかり別の現場へ行ってしまうベテラン爺いの行動に対して使います。主に第三者のあきれるような失敗(常習性あり)を、第二者にたいしてボヤくときに使います。例文では判りやすくするために読点を入れていますが、実際の使用では連続してかなり早口で発語します。
フィールドでの使用例:シーカヤックで「今日明日泊まる島水無いから、一人5リットルは水持ってこような」と言ってたのに、500mlのポカリのみ持ってきたメンバーの事を、他のメンバーにボヤく時に。目に余るような場合はこのまま当事者に直接伝えるのも一向に構いません。

例7 「イボる」
標準語訳:(流動状の泥などに)「足がハマる」
解説:潟や田んぼなどに思わず足が「ズボ」っと埋もれてしまう様です。その状況のみを表す言葉で、これだけ状況を限定する表現は他に類を見ず、方言の多様性、ミクロ性を表していると言えるでしょう。「ギャンブル(や女)に嵌る」とは言っても「イボる」とは言いません。
フィールドでの使用例:そのままです。カヤックから降りたところが潟で、足がズブズブと埋まっていくときに激しく「イボった~!」と叫びます。その場合安易に足を抜こうとすると靴だけが潟のなかに残り、あとでどれだけ探しても靴が見つからない、ということは本当にありますので皆さんも注意して下さい。先生も小学生の時を含めて2度程経験しました(養魚池でザリガニを釣る無邪気な子供のフリして錦鯉を乱獲していました)。 佐賀県鹿島で行われている「ガタリンピック(有明海の干潟で行われる運動会)」は福岡では別名「イボリンピック」と言われているのは有名な話です。あとは、雪道を車で走行中、雪にタイヤがスタックした時にも使用しても一向に構いませんが、九州はそこまで雪が降る地域が少ないことも念頭に置くべき要素であります。

以上、ノリで羅列してみましたが、他に解説希望の博多弁ございましたらお気軽にご用命下さい。現在、熊本弁に関しても研究中です。

DSC_1276.JPG
 糸島・芥屋海水浴場で開催されたサンセットライブ2016内でカヤック体験の運営をさせて頂きました。確か4年降りです。
最初にこのお仕事をしたときは年齢層も今より若くカヤック乗りに来る人の中にもとんでもないのがいてシメたりしてたものですが、今回はまったくそんなことはありませんでした。会場全体の雰囲気も落ち着いている感じ。こういうライブイベントへ参加する年齢層が上がっているのか、若者が離れているのか。。。なんて事を考えてしまいました。ともあれライブもカヤック体験も大盛況で、個人的には
みうらじゅん先生の「勝手に観光協会」を観られたのと、特にグループ魂が最高でした。

down_by_law.jpg
 ジム・ジャームッシュ監督というよりトム・ウェイツで有名かもしれない映画「ダウン・バイ・ロー」のあまりにも有名なラストシーン。
トム・ウェイツとジョン・ルーリーが分かれ道でそっけなく別れいく。淀川長治先生が「エンドロールが流れても椅子から立ち上がることを忘れさせる程の見事さ」と評したそうです。
 私は仲間とカヤックで旅して、どこかの海の上で「じゃ俺こっちに行くから」と別れたことが確か2回くらいあったと覚えています。
その後一人になって「なんかダウンバイローみたいだな!」とひとりごちたのは言うまでもありません。
 この映画が公開されて一部で話題になった頃、男数人でやたら旅してまわる「ダウンバイローごっこ」が流行ったとか聞いたことがあります。
 カヤックでこんな感じの旅ができたら最高です。

IMG_4611.jpg

子供たちを連れて、GWに旅するエリアをちらっとドライブしてきました。
IMG_4605.jpg
なんつうか鹿児島は、どかーんとしてて良いですね。

IMG_4439.jpg

 広島へ雪遊びに行った帰り、錦帯橋の近くでキャンプ。シーズン終わりに装着したスタッドレスタイヤが役に立って良かった。
温かい日が続いて堅くなった雪でのそり遊びは、超絶スピードで面白かったです。
vanagon caratには現在のところギリギリ家族4人就寝することができます。この後雨が降り出しましたが、橋の下へ移動。
橋の下は最高です。いつまでこんな事できるかなー。

IMG_4389.jpg

 なんだかんだ言っても私のような仕事だと、冬は活動量が落ちます。それで飲む酒の量が変わる訳でもないので体は重たくなります。
昔はこんな事なかったのにーと言ってもしょうがないので、懸案だったカーポートの製作にとりかかりました。作業をするとすぐに体重が3キロくらい落ちます。カーハートの作業ズボン30インチをキープが目下の課題であります。

 野晒し駐車だったヴァナゴンを少しでも保護するための屋根を作っています。ヴァナゴンは北米を中心に中古市場が高騰しているから、という訳でもないのですが子供とキャンプに行ける間はなんとか維持したく思っています。正直、現在の国産には(輸入車も)こんな車を私は知らないので、しばらくは大事にしないと!ハイエースに乗ってたころ(3台乗りつぶしました)はこんな事考えもしませんでした。子供が離れて行ったらダッ〇のチャ〇ン〇ャー〇ル〇ャットに・・・。

 私のインチキ大工仕事史上最大の課題です。こういう木で何かを作る事は否応なしに自分と向き合わされます。自分のいい加減な性格がモロに結果に現れるのです。これまでの数々の失敗から、なんとなく手を抜きそうになったり、まあいいや、と作業を進めるとどういう結果になるのか少しは判るようになりました。キッチリとした墨付け、そのための鉛筆を面倒臭がらずに研ぎなおすかどうか、とかですね。「ああ、俺はこういう場面で手を抜こうとするんだな!」と日に何回も気付かされます。これは良い事です。

 とは言え、これだけ大きな構造体になると、ある程度の誤差を気にしていては先に進めないというのも発見でした。キッチリ押さえる処は押さえて、そうでないところはそれなりに流す。そして最終的にキッチリ収める事ができるのが本職なのでしょうね。 前にもこんな事書いた様な気がしますが、もともと垂直も水平もないところに、キッチリした直角のものを建造するというのは大変なことです。地面は凸凹、木材は反り繰り返り、曖昧な対象に数値を与えるというのは本当に頭を使います。

 それに比較すれば私のカヤック仕事のなんとざっくりとした事か!いやいやそこは気を遣うポイントが違うと言うことで・・・。


 

奄美の熊崎氏製作のステインドグラスシャンデリアが当店に追加です。欲しかったんよねー。本体ももちろん素晴らしいのですが天井に映る色のついた陰影が素敵すぎですが写真うまく撮れず。
皆様ご注文は Sea Shore Stained Glassまで。

松本 哲也さんの写真

本日からの壱岐水道横断ツアーは台風の影響で中止しました。明日から2日間の沿岸キャンプツアーに切り替えました。

なので本日は店におります。

せっかく時間ができたのでたま~にお客様から聞かれる「なんか面白い本ない?」というご質問にお答え?
通常日数よりすこし少ないくらいの本を持っていきます。長期になるとこれはかなり膨大です。実際にはその半分は読まずに持ち帰ることの方が多いです。焚き火して酒を飲み、気持ちの良い場所に張ったテントで寝るのですからスコンと寝てしまい、本など必要ない!とも言えますが私の場合もう慣習で寝る前に少しでも本を開かないと落ち着かなく・・・。しかしほとんどの場合、ヘッドランプ点けっ放しで朝を迎えます。なのでヘッドランプの予備電池は欠かせない装備です。ウトウトしながら「もうダメ・・・あ~ライト消さないと・・・」と片手に文庫本を握りしめたまま眠りに落ちていくのが最高の快感なのです。あ、最近はエアーランタンの活用でかなり助かっています。

先日の甑への旅に持っていった本から。リピートで何回も読んでいる伊丹十三の「女たちよ!」です。
IMG_3654.jpg
何度も旅に持っていくのでボロボロになってしまい、これは2冊目か3冊目でしょうか。スパゲティのアルデンテを日本に広めた、なんてことで有名な本ですが、ほかにもキュウリのサンドウィッチについて、マッチの点け方、サラダについて、スポーツカーの正しい運転方法、だのファッションについてや車についても。「シャネルの縫い取りのついた服を着る女は馬鹿だ」だの「私は高校野球が実に吐き気をおよぼす程嫌いです」だの言いたい放題。これがまた上から目線でキザで、細かく、実にしつこい。でも現代でこんな書き方、言い方する人知りません。しかし鼻持ちならない口調ながら、ギリギリの線での愛嬌があります。伊丹十三は実際スターでありましたから、あえてちゃんとスターらしく振舞っていたのだと思います。無駄で、野暮なものは廃する生活。自分の嗜好性を前面に押し出した生き方。これらは現代では当たり前に語られる事ですが、この当時(昭和40年代)ではかなり尖がった思想だったでしょう。
「車になど興味はなく、あんなものは運搬の具」と言いつつ伊丹が乗ってるのはMGTFにロータスエラン。MGでは「イギリス人はなぜ油の漏る車を作るのか」を説明し、ロータスは「ガレージで埃を被るまで待ってから乗る」。ああ、キザでおしゃれ!
この本が刊行されたとき伊丹は確か35,6歳のはずです。いやはや自分が恥ずかしくなりますわな。
自身による装丁画と挿絵も素晴らしいです。

最後に私が一番印象をもったファッションに関しての一文。

「それにだ、個性なんていうものをだよ、既製服屋や洋品店で一万円や二万円の値段で売っているものかどうか、暇な時にでもとっくり考えてみるんだな」


IMG_3111.jpg

今日はガレージ兼カヤック展示場を片付けしてました。本屋でたまに立ち読みするガレージ専門誌だとまず超高級欧州車が2台程、床にはオイルの染み一つある訳なく、使う事なさそうなスナップオンのツールボックス、仲間と集うためのソファ、などが当たり前の世界なのですが、たまに突っ込みたくなる点も。とにかく趣味のものをその場に集結させたいのは判るのですが、フェラーリの横におそらくオーナーさんの趣味であるギターが数本ディスプレイされ・・・でもアリアプロのコピーレスポール・・・。壁に恭しく掛けられたマウンテンバイクには(HAMMER)のロゴ!しかも折り畳みタイプ!まあアリアプロのギターやハマーの自転車にも罪は無いのですが、やはり物事にはバランスというものがあるのではと。車は気合入っていても、そこまで気が回らんかったのね、とフェラーリが鎮座しているにも関わらず貧乏感が爆発!いやはや勉強になります。
ウチのガレージというより車庫スペースは半分がフェザークラフトの展示場、半分は主に木工の作業場なのですが燃えるゴミ、燃えないゴミ置き場でもあり、なにより子供用自転車があるだけで「ガレージライフ」的な雰囲気は消散してしまいますね。世の中でガレージお持ちの方とかはゴミ箱とか灯油缶とかはどこに置かれるのでしょうか。しかも天井にはツバメの巣&ツバメのフン避けのガード設置済み。
奥に無理矢理突っ込んだ初代ユーノスロードスター(レストア待ち)は木工の木屑まみれで悲惨な事になっています。まあこれが現実だ!という事で。

DSC_0130 (2).JPG

店舗の壁面を少々改装しました。と言ってもこれまでご来店された方でもお判りなるか・・・。この業界の商品はフックに掛けなければいけないものが多いのです。これまではワイヤーメッシュにけけていたのですがイマイチで・・・。有孔ボード(穴がたくさん開いたベニヤ)を頂いたので壁に貼り付けました。メッシュよりすっきりしました。店舗をいじっているとなんだか仕事しているように(=売上上げているように)錯覚してしまう今日この頃なテツ松本ですが皆様如何お過ごしでしょうか。ボチボチ新商品も入荷しつつありますので追ってご紹介させて頂きます。

1234567

このページの先頭へ

検索