テツの小部屋

IMG_1727.jpg
 店舗作り続きます。売上も上げずこんなことばかりしていると「これは一体何の為に?」などという根本的な疑問が気の緩んだときに出てきますが、それを無視するのも現在の私の仕事です。
 以前の店で使っていた板を再利用して本棚を製作しました。新たに作った作業台と曽我君が作ってくれた丸ノコ定規が大活躍です。
とにかく新しい材料を買わずに何か作れるのはとても気分が良いです。
IMG_1731.jpg
店舗内の一部のフロア貼りと塗装が終わりました。これまた貰ってきた無垢材です。3種類入り混じり厚さは一緒ですが実(さね)の寸法が全部違い、大変でした。約一坪程足りずネットで購入。12000円程。無念。
IMG_1729.jpg
 上記の二つとも塗装はこの「オスモカラー」にしました。ドイツ製の天然塗料です。博多のケミカルブラザーズとして知られた不肖テツ松本も天然塗料の時代です。高いですが木の質感を損なわない感じです。が、安全云々は別にして安物着色ニス一回塗りと費用分違うかと言われたらう~ん・・・。メーカーさんから直で3缶買ったら格好良いオスモロゴのキャップくれました。嬉しい。

 しかしどんな高級塗料でも、使い込まれた木の質感を超えることはできないようです。私が使う安物のランバー材でも、長年の使用でついた手垢、木から出た油、日焼け。それに勝てるものはないですね。またそういうのを人工的に出そうとするのは・・・。ペンキを塗り重ねて紙やすりで削るとかは雑貨系奥様DIY愛好家に任せることにしましょう。
IMG_1730.jpg
 トイレもこれまたもらいもののタイルを貼って、壁は漆喰を塗りました。このタイルを切るのにグラインダーを使ったり、木工の丸ノコなど電動工具の使いすぎで右腕が炎症を起してしまいました。人間本来のパワー以上の道具を使いすぎるとどこかに弊害が出ると言う事ですな!

ご無沙汰しております。
お店作り、楽しいですよね(笑)

「オスモカラー」懐かしいです。
我が家も外回りは全て「オスモカラー」で仕上げました。防水防腐に効果があると勧められたので。
が、内装は塗装の予定をを全て中止。外材の塗装中、木の香りを感じなくなったからでした。その後13年間で塗り重ねられたヒトとイヌの足の脂でこの上ない質感に仕上がったことに胸をなでおろしております。
酔っぱらいのたわごと、お許しください。

ろこおさんご無沙汰しております。
これだけもの作りに没頭できるのも貴重な機会と思い楽しんでおります。

イヌの足脂、なかなか凄いですよね。
木というのは例え安物でも時間があればそれなりの風格を持ち出すものだなあと感じます。

このページの先頭へ

月別アーカイブ

検索